FC2ブログ

Hasta la vista

dc20.jpg

DEADちゃんの脳内資産運用セミナー20【最終回】、無事に終了しました。

師走のクリスマス前(なんという現代日本的過ぎる描写)という、ワチャワチャした状況にもかかわらず来ていただいたたくさんの皆さん、本当にありがとうございました。

2009年第7回からの会場である高宮通のウェンブリー・スタジアムことIAFSHOP*の佐藤さんと江上さんには毎度毎度中年の世迷言に辛抱強くつきあっていただきました。こんなギャラリー、ほかに無いよホントに。

佐藤さんには今回出版した記念本「DCNNSUS 2008-2018」のために三時間超のロングインタビューを行ってもらい、非常にお世話になりました。佐藤さんの的確かつ熱いナビゲーションのおかげで、私だけでは辿りつけない深度まで掘り下げた内容にすることができたと思います。ありがとうございました。

江上さんのガレージな苦笑い、毎回ありがとうございました。

2008年第一回からの会場であるcafe and bar gigi のマスター・じゅんじさんには、今回の本に2009年のTIME MARKETでのインタビュー記事の再録を快く了承していただきました。近年ではセミナーのスピンオフ企画「居残りSAVAGE」でも毎回心地よいセッティングと笑顔でとても助けていただきました。ほんとうにありがとうございました。

今はなき福岡の伝説的フリーペーパー・TIME MARKETの三浦姉妹をはじめとするスタッフの皆様、旧gigi時代のサイトウくんにもこの場を借りてお礼を言わせていただきます。ありがとうございました。

2015年の第17回で突然爆誕してしまった「PANDUB」コーナーは、毎回福岡が誇るベースと卓球のマエストロ・コーチKさんにデジタル・ディレイをお貸しいただくことで成立出来ました。ありがとうございました。ディレイ、最後まで自分で買わなかったなしかし。

2008年に博多駅前のジャンク屋で17000円で買った中古のエプソンのプロジェクターを最終回まで使用したんですが、流石に数年前からいつランプが切れてもおかしくないだろうと不安になり、毎回予備として自身のプロジェクターを快くお貸ししていただいた生島さん、ありがとうございました。先日の台湾旅行のお話を伺って、今後の生きる希望がわきました。

最終回では渡邊さんに予備プロジェクターをお借りしました。体調不良なのに持ってきていただいてすみませんでした。おかげで安心して最終回をやることができました。ありがとうございました。

一度もセミナーを観てないのに「レポートを書いてくれ」と無茶ブリをしたにもかかわらず、最高にくだらない文章(どう考えても賛辞です)を寄稿していただいた玉川カルトットさん。おかげで本がシュッとなりました。シュッと。ありがとうございました。また飲みましょうね。

そして、2008年になんとなく思いついた企画を春吉時代のcafe and bar gigiで好き勝手にやらせてくれた、今はなき藤井よしえさんに最大の感謝をささげます。あなたに褒められたくて始めた脳内資産運用セミナー、最後にはとんでもない地点まで来ちゃったよ。まいったぜ。ほんとうにありがとう。

最後に毎回毎回、中年の拙いボヤキにつきあってくれた参加者の皆さん、改めてありがとうございました。

十年にわたる引用と饒舌の戦記、これにておしまいでございます。


いざ行かん死出の旅路へ、その道中の陽気なこと!





スポンサーサイト



プロフィール

DEADCHAN

Author:DEADCHAN
媚び&ペースティスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク