FC2ブログ

56連休終了のお知らせ

20140522KC4A0158.jpg

■ことしも「町一番のお店と呼ばれたい」裏の食い物屋が裏口を開けっ放しにして朝方まで騒音をまき散らす季節になりました。お元気ですか。

■三月末で退職し、ハロワに足繁く通い数社に履歴書職務経歴書を送るも悉く御断りが続き、流石に愈々コレは不味いとロシアの大五郎(1.7リットル)を飲む手もプルプルプルプルしていた訳ですが、イロイロあってなんとか仕事が決まりました。ありがとうございました。

■人間というのはホントに不思議なもので、前職での無茶苦茶な肉体酷使と予算の都合上望まぬ野菜中心生活が祟り体重58キロ(一年間変わらず)という、ちょっとどうなのよレヴェルの未体験ゾーンに突入していたホネカワボディも、四月の半ばにはもうボテ腹、アヒル口だったヘソも通常モードのたただのヘソに戻る。この調子なら夏ごろにはだらしなく焼きあがった焼き豚ボディをお見せできることでしょう。ブヒー

20140420P4202568.jpg

■某日。適度にユルんだボディのまま、佐賀・嬉野秘宝館のお葬式に参列。盛り沢山過ぎて収拾のつかない内容にご満悦。都築響一さんの贅沢な講義に爆笑(完璧に時間を調整している講義の終盤にまったく空気を察知できず終了させようとするポンコツ芸人の司会が残念)した後、どうかし過ぎている巨大ハーレムでの憧れの渚ようこ様にシビれ、デリシャスウィートス竹部さんのチャーミングさにシビれ、フランス帰りの謎のお姉さまの受話器にシビれ、倉地久美夫さんのエリンギの鬼に見事にやられる。
最高のイベントでしたが帰りに寄った焼鳥屋で盛大にボられてしまい、つくづくこのエスエージーエー県とは良い関係を保てないことを実感した。

20140420P4202669.jpg

■佳日。藤子F展をアジア美術館でご鑑賞。歴史的価値の展示品や、例の写真撮ってワオワオできる企画も良かったが、なによりも入場していきなり観せられたプロジェクション・マッピングによるショートムービーが本当に素晴らし過ぎて参った。色々な感情がドバドバ出てきちゃってしばらく展示を冷静に観れないほどに半ベソ。
「パーマン」第一話原稿のクッキリと修正されたバードマンの吹き出しも拝めて感激しつつ、青年向け短編群のあんまりな圧縮っぷりがチト残念でした。

余談だが以前観に行った吾妻ひでおや諸星大二郎展でもそうだったが所謂デジタル複製版画、というのは確かに精緻巧妙でスゴいなあと感心するんですが、なんというかナンバリングして限定販売するのはどうにも抵抗があります(F展では販売は無く展示原稿に使われていた)。この抵抗感はまだうまく説明できないので宿題に。
帰途、中洲の間違いない焼鳥屋でおっさんたちに囲まれながら間違いないひとときを過ごしました。間違いない店にしかもう行けない!

■ハロワといえば、最初の説明会(つってももう何回受けたかわからない位受けている訳ですが)の時に、失業保険の不正受給についてハロワの人が口をアヌスにして注意するんですけど、例の(つってもハロワに行ったことない人は知らないと思うんですが。いやハロワ行った事のない人間なんているの?ねえ?ねえ?)「隠れてバイトをしたりしても後で必ず発覚します。その場合は三倍返しです!」というヤツなんですが、今回言われたのが「実は不正受給発覚の一番多い理由は『密告』なんですね~」
へぇ~っと、思ったね。2014。

■というわけでキャベツと白菜と人参とモヤシに支えられてきた望まぬ似非ヴィーガン生活。この一年は「中華あじ」とオイスターソースとゆず胡椒でとにかくどうにかするという絶望的な状況でしたがここにきて新しい仲間が登場!その名も株式会社くらこん所属の塩こん部長である。
先日なんとなく作った部長お勧めの「塩バター焼きそば」の破格のウマさに気絶しかけ、もう心は寝ても覚めても部長の事ばかり。もう仕事なんか行かないで毎日ビニールにぶち込んだ塩こんぶ+キウリをモミモミモミモミして浅く漬けて逝きたい、そんな春もとうとう終わり。パスタも良さげなのよねえ。



さいきんお気にいりの米国の国民的コメディアン(なの?)ジミー・ファロンとジャスティン・ティンバーレイクによる「ヒストリー・オブ・ラップ」大盛り。これもまたひとつのヒップホップ愛、と思いたい。演奏はザ・ルーツ!


ではマタ。セミナーの件、もうしばらくお待ちください。

スポンサーサイト



プロフィール

DEADCHAN

Author:DEADCHAN
媚び&ペースティスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク