FC2ブログ

ワッチアウトファナティコ

1129poiu.jpg
■セミナーも無事終了しましたが、二時間喋っただけで全身筋肉痛になってしまうのは如何なものか。ミステリー。

■過日。「どうせきくならメタルきかナイトvol.5」@親不孝JUKE JOINT こちらも美しく終了。お越しいただいた皆様有難うございました。新企画続出にもう御三方から目が離せないゾ!おれが。

dkmkn5001.jpg
Destruction - My Sharona (The Knack cover)


■後日。「サトケイトークショー 福岡リアルアート史 70年代編 ゲスト:木塚忠広」@薬院IAF SHOP*をご鑑賞。70~80年代の福岡アートシーンのオハナシをのほほん・まったりと。
当事者ならではの錯綜する記憶、グッとくるエピソードの数々。イロイロと考えさせられる興味深いイベントでありました。所謂「正史」は結局のトコ、声のデカい奴の歪んだ捏造ばかりが残りやすいので、ミュージシャンもそうだけど、むかしのヒトのオハナシは今のうちに出来るだけたくさん(いろいろな角度から)聞いておいた方がいいと思います。

iafkizuka1.jpg

まぁボクなんて小学生のときから80ズファクトリーやら照和やらドラムやらビーベンやらO/Dやらでブイブイいわしよったけんね(←こーゆーの)。警戒せよ。

■鬼日。月の満ち欠けかハタマタ大気中のオゾン濃度のせいか、ときおり「なんでですのん!?」連発せざるをえないデンジャー・デンジャー・ピープルばかり連続で大量ご来店の日があるわけで。
その日もビッキビキのご婦人のご対応で心身ともに電池切れ。あまりこういうことは言いたくないのだが、あの方々の「卑しさ」「邪悪さ」はクッキリ顔に出る。怖いんです。警戒せよ!

■凡日。月例・春吉cafe and bar gigi の鍋ナイトで塩ちゃんこ。連日の内臓イジメをあっさり味がやさしくヒーる。ナゾのマジシャン氏のスゴ腕テーブルマジックも見れてラッキー。コチラはむしろ警戒しないで愉しむの!


ゾンビ先生の新譜がついに出た!がおおーっ!!

※追記※↑と思ったら来年に延期みたいじゃー!(12/2)

ROB ZOMBIE - 'Sick Bubble-gum' (Hellbilly Deluxe 2)


スポンサーサイト



感謝大御礼

randm1125.jpg

昨夜の「DEADちゃんの脳内資産運用セミナー」@IAF SHOP*、たくさんのご来場誠に有難うございました!
サトウさんはじめIAFの皆様にもお世話になりました。有難う御座います。

いろんな意味でヒュンヒュンする一夜で御座いました。来年、また春にでも開催出来ればと思っております。

さァあとはなんとかして年を越すぞ!ムギュー!

Big Swing

というわけで

1125popiu765.jpg

もうすぐです。腹痛止まず、いまトイレにワイヤレスキーボードのみを持ち込み、ほとんどカンで書いています。

★DEADちゃんの脳内資産運用セミナー7★
2009年11月25日(水曜日)
20:30開講 受講料0円
@薬院 IAF SHOP*

福岡市中央区薬院3-7-19 角打ち屋さんの2階です
※詳細は前項参照ください

木枯らし吹き荒ぶ底なしの平成恐慌を感じたくないのにビクンビクン!と感じちゃう東区のポンコツ中年が贈るひとり年末調整が、どうしちゃったのよの第七弾!
今回は薬院IAF SHOP*に場所を移し、ステキな音楽と映像に加え、例のなにを言っているのか後々思い返してもよくわからないボヤキで苛烈な年末を無事越冬するためのサムシング(どんだけツイッターをやってもあの子は帰ってこない等)を惜しげもなく漏洩し皆様のご機嫌を伺います。

お母さん!コタツのネクロノミカン取って!

Motorhead & Girlschool Please Don't Touch TOTP

秋の行楽レイジー列車

win11181.jpg

■私の返済も猶予してください。

■先日家族の誰もなんともなかったのにひとりだけカキフライでクダしてしまって以来、なんともおなかの具合が悪い今日この頃なのでございます。めずらしくお昼にラーメン替え玉なんていっちゃったもんだからまたピーピーであります。金策尽き、高級洋モクから国産のプロ仕様「エコー」に泣く泣くチェンジしたのも一因なのかしらん。この不味さは吸わんとわからんわからんわからんのでございます。SAVE・ザ・内臓。

■といわけでいよいよ一週間を切りましたDEADちゃんの脳内資産運用セミナー7@IAF SHOP*でありますが、今回は「スクラップビルドエキシビジョン2“荒野に咲く花”作戦」
展示会期中にお邪魔しての講義となります。↑詳細はリンクを参照ください。
若きクリエーター西山氏による平成仕様のデッドテック感が新鮮で面白いのです。来場時は是非ご覧くださいネー。29日まで。
トイレも注意
sandbex1.jpg

■今回は、はじめて薬院のIAF SHOP*でセミナーを開催させていただきます(前回までの春吉gigiとお間違えなきよう)。「どうせきくならメタルきかナイト」第一回でお世話になったギャラリーであります。

地図はコチラを参照ください。

西鉄薬院駅もしくは地下鉄薬院大通り駅から高宮通りをポコポコと下ってもらいますとローソン、公園に弁当屋さんがあってもすこしポコポコ。そうすると一階が角打ち屋さんが現れます。まえは焼肉屋さんでしたな。そちらの二階になっております。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

Frank Sinatra Brazil


その前に11/21土曜日のどうせきくならメタルきかナイトvol.5もよろしくお願いいたします。

ハナモコ御栄転御目出度う御座います。激動の秋で御座います。
ん~ポンポンが痛いのネー

さむくなくなくないかい

091105Ciuy.jpg

■冷えます。

■ひさしぶりに会った職場の若い娘「なんかさいきんカラんでないですよね~」ちょっと待って欲しい。カラみ!? 君とはさいきんどころか一度もカラんだことはない筈だ!けっ健全な職場だけの関係なんだからねッ!
よくわかりませんが、ようは「最近職場で会話してませんよね」ということらしい。
なんかもうそういう安いテレビ芸人の言葉遣いとか真似るのヤメようよ。タダでさえ「残念」で「おもんない」のにお里が知れちゃうよ。

■ヒーハー言いながら最終バスに乗り込むとシートは全席満員。狭い高速バスの通路もビッシリと疲れた人々が立ち並ぶ。都市高速手前の最後のバス停でさらに乗客が乗り込み、ヤレヤレもすこし後ろに下がらんと、とその瞬間「ぬあ~」と奇声を上げながら立錐の余地の無い狭い通路に整列し立っている乗客を次々と突き飛ばしながら後部に向かって突進してくる姿あり。「FE?」となる間もなく押しのけられる。デロデロに泥酔した爺がそのまま寿司詰めの後部シートにダイブ。阿鼻叫喚の車内。当然、座っていた乗客に押しのけられる爺。他の乗客が通路の補助座席を引き出し無理矢理座らせる。イキった若いリーマンが「あんだコラ?コラ?オイ?」と叫ぶも爺はすでに夢の中、隣の座席のOLにもたれかかって微動だにせず。若いリーマンもそれ以上のイキりも出来ず。車内後部は暗澹たる沈黙に包まれる。誰かのイヤホンがシャカシャカと鳴る。誰かの携帯はプッシュ音をOFFにしていない。誰かがニンニク多めのラーメンを食ってきている。東区の我が家はまだまだ先だ。

Dirty Harry - Bus Hijack


■ホン。
フォークナー「サンクチュアリ (新潮文庫)」をヤットコ読了。
町山氏のコラムなどの紹介から、勝手に「悪魔のいけにえ」や「サランドラ」のようなもんのすごいホワイトトラッシュの大暴れを期待していたのだが、違うよ全然違うよな感じで参った。しかし全編に漂う投げやりな緊張感(?)といかんともしがたい訳文、さらにチカチカする場面転換が相まって非常にイヤな感じ満載でソレはソレで面白かった。1929年のオハナシです。

■今月のコレは見たい
●IAF SHOP*サトケイトークショー 福岡リアルアート史 70年代編 ゲスト:木塚忠広
木塚忠広に聞く69年以後の若いアーティストたちの行き先
1969年学生運動まっただ中に九州産業大学芸術学部の学生だった木塚忠広。70年代後半に{ ZODIAC ]という美術家集団で活動した彼に、学生運動終焉後の若い美術家の現実とその落とし前のつけ方について聞く。彼らは九州派の直後の後輩たちであり、学生時代には桜井孝身やオチ・オサムを大学に招いて公演を行ったり、日常生活においても多大な影響下にあったらしい。福岡アート史の中では九州派や集団蜘蛛以降沈滞ムードが漂っていたように語られる70年代だが、そこにも懸命に活動する若い作家たちがいて、いくつかの事件を引き起こしながら自分達の行き先についてもがいていたのだ。
今語られるべきことは、華々しい活躍の時代の話ではなく、どんな時代でもどんな状況でもアーティストとして生きる人たちがいる、というもうひとつの現実の話ではないかと思う。


日時:2009年11月22日(日) 19:30 入場無料
@ IAF SHOP*


Roy Orbison & Jeff Lynne- Heartbreak Radio Orginale Clip


さて次回セミナーまであと十日を切りまして、いよいよいつものようにアタフタしております。
アタフタだけが人生なのか?

★DEADちゃんの脳内資産運用セミナー7★
2009年11月25日(水曜日)
20:30開講 受講料0円
@薬院 IAF SHOP*


きてネー

★どうせきくならメタルきかナイトvol.5★

dkmkn5pop1.jpg

★どうせきくならメタルきかナイトvol.5★
2009年11月21日(土曜日)
@Juke Joint
福岡市中央区舞鶴1-9-23エステートモア舞鶴2F
(親富孝通り、石焼きビビンバの店をまがった奥にあります)
open 20:00 start 20:30
入場無料(要ドリンクオーダー)

DJ/TALK:
GENTAROW(EEVEE,THE PRACTICE)
オオクボ-T
ムラヤマ-T

metaric support:DEADちゃん

八十年代を中心に、
ヘビー・メタルをあれやこれや、
ききまくる、見まくる、しゃべりまくる
三拍子そろった楽しいイベントです。


土曜の夜にメタルに首まで浸かって飲めるという、ユメのようなイベントでございます。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

Venom, 'In League With Satan,' Horror Film Montage
なんだかんだ作業していたら13日の金曜日は終わってしまった!ヘイルセイタン!サ、サダヲ?

ストーミーうえザー

091111poiu.jpg

■いい感じでグズグズに腐っております。

■エンケンは良かった。エンケンは、ね。イロイロ思うことあって金輪際例のイベントは行かないことにする。

■ひさしぶりで日雇いっぽい搬入の単発仕事。噂に聞く某社の仕事なんでビビりつつ出かけたが拍子抜けのポンポコ作業でラクったら無い。しかし場所柄カオを合わせ辛い方々もたくさんいてヒヤリハット。なんというかイロイロと世知辛いったら無い。

■薬院の魔女より某県某所で踊る阿呆どもに遭遇して辟易、とのしらせ。偶然にもその阿呆どもとは以前某所にておれが遭遇&辟易したのと同じ阿呆どもであった。勉強もせず、才能も無く、容姿もマズい癖に「有名になりたい!」とか「表現したい!」とかぬかすのは中学生まで、と憲法に明記してあったハズなのだがそんないいトシをした大人がゴロゴロゴロゴロしているのもまた世情。みんな大変だとは思うんだが。思うんだが。

■などと自分も阿呆にならないようならないようにと日々精進していたつもりでしたがさいきんはエンピツはもちろんのことお箸の持ち方もママならなくなってきた。字も書けなきゃメシもポロポロこぼす、目はかすみ手は震えおしっこは異様に近い。どうやら口臭もあるらしい。抜け毛もひどい。借金額は赤丸急上昇中なのに記憶力・応用力・忍耐力は軒並み絶賛低下中。これじゃあもうダメかと思いきやでもまあぼくイケメンなんで大丈夫なんすけどね。と精神状態もついに新たな危険ステージに突入いたしました。家じゅうの鏡を割る。割りまくる。

Beautiful Dreamer(Ai wa BUUMERAN)


■森繁死す。市橋捕まる。キシンも捕まる。姐御は福祉学校に入学。そんな夜に土砂降り強風のなかレコード鑑賞会@gigiへ。オオクボ-T先生のわかりやすいヘヴィメタル講座を受講。意外とわかっていなかった70~90年代までの流れが大変勉強になった。
「TVブロスは読むな!」
hmbenkyou1.jpg

■というわけでセミナーの前にあるんですよDKMKNvol.5が!
どうせきくならメタルきかナイトvol.5
11/21 土曜日 
@ 親不孝JUKE JOINT
open 20:00 start 20:30
入場無料(要ドリンクオーダー)

詳細は後日あらためてエンジェルウィッチ!
Angel Witch - Angel Witch


■そのあとはいよいよコレでございます。
★DEADちゃんの脳内資産運用セミナー7★
2009年11月25日(水曜日)
20:30開講 受講料0円
@薬院 IAF SHOP*


仕込みは順調に遅れております。先日デスクトップのモニターが急に映らなくなり深夜半ベソになったのはおれとキミだけの秘密にしようね!しよ~お~ね~(早川義夫的に)。

Jeff Lynne - ELO - Stormy Weather

秋の大振動会

1031poi.jpg

■油断してるともう11月でございます。
ボチボチ次回セミナーの仕込みを始めねばならぬ、と思いつつも夜毎無為に時間とマネーをスペンド・ザ・ナイトする始末。先日もヤフーでチェキした激安の居酒屋に行ってみたらそのハンパねえ不味さと店内の薄ら寒さに愚息も氷点下。通りを挟んだ向かいのダンススタジオは反比例して湯気で窓が曇りまくってゆくのをのを表面はボンヤリ内心ヒヤヒヤと見つめながら今夜も手紙をしたためています。

■イロイロと窮々しておりますが、信販会社から「総量規制」導入に伴う収入証明書を送れとの知らせ。銀行からの借金は除外らしいが、いよいよ自転車操業の日々も怪しくなってきたぞ。

■ここんとこ過ごしやすい気候。しかしその最中はなかなか気づかないものであります。寒くなったり暑くなってはじめて思うそのありがたさ。さっきからナニを言っているのかさっぱりわかりませんが、いずれ訪れる冬に備えるためにこそ、今を楽しくやらなければ、と思うのであります。

■豊田道倫with昆虫キッズ『ABCD』より「ゴッホの手紙、オレの手紙」
わかったわかったわかったわかった/わからんわからんわからんわからん 
「わかった」と「わからん」のあいだ。たまらん傑作。


■どうでもいいんだけど、まァ、知り合いのスゴイ人がいるんですけどね。むかしからこう、いろいろと面白いことをやってる人。私もふくめてけっこう、いやかなりたくさんの人がお世話になったり、まァ、嫌な言い方するならお世話したげたりした人、大勢いる人だよね。
で、なんかこんど区切りというか記念日的なことやるんだって。まァほんとうにね、たいした、ちょっとした偉業、なんだよね。これはほんとうにスゴいんだよ、うん。

ただその偉業っていうか長年やってきたことっていうのは、その人だけじゃけっして出来なかったことなんだよね。もちろん、その人がいなければ出来なかったことではあるんだけど。

でね、そのお祝いみたいなことのやりかたっていうのがね、ちょっとスゴいやり方でビックリしちゃって。
正直呆気に取られちゃって。

なんかね、やらしい言い方すると「その人だけが貰えるご褒美」。みたいな。「ええっ!?」みたいな。

スゴいな、と。
やはり只者じゃねえな、と。

いろいろあって、まァ実際のところこちらの悪行非道のせいでさいきんは疎遠になっているんですが、今回の件でますますその人を尊敬するようになりました。

いや、イヤミではなく、その無神経さ、その自己中心的さ加減は良い意味で常軌を逸している。
おれはそんなバケモノがおどるのを見るのが大好きなんだよね。
そう考えるとやっぱりこれは彼らしい最高のやり方だよね。素晴らしい。

おそるべき人です。かなわないよ。


X-Ecutioners - (Even) more human than human

プロフィール

DEADCHAN

Author:DEADCHAN
媚び&ペースティスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク