FC2ブログ

続・曇天をゆく

CA390619.jpg


■休日。昨夜天神においてきた自転車に乗り、曇り空の下遠回りして帰る。千代町~九大病院脇の狭い路地をビクビクしながら抜けて、箱崎を越え、多々良川沿いをフニャフニャと漕ぐ。あの店もあの古本屋も姿を消していたが、なぜか多の津のバッティングセンターは健在だったりして、おもしろい。

■なんて、「アートなアタシの、ほっこり日常ブログ」になるかと思いきや、そうはいかないのである。トンヤーgotオローサニーなのである。

■昨夜。痛む左下腹部をさすりさすり自転車で親不孝ブードゥーラウンジへ。
給料日前でゼニがないのもあるが、前夜の反省も踏まえ、あえて「雨天に自転車」というシバリを設定することで、おれというフニャフニャの劣化肉袋に喝を入れるためでもある。

それにしても久しぶりのチャリンキングはクルマやら信号やら通行人の美尻やらに気を遣いまくり、疲れるったらない。しかも雨。たまらず大音量のi-podをスポンと抜く。安全運転は国民の義務です。

親不孝に到着。ATMで借金をして、アラあのDVD屋ツブれてしまったのネ、なんて言いながら路上で「ウコンの力」の高いほうを注入する。ブードゥーラウンジ向かいの「orange」というお店(各自勝手に調べたまえ)に異様に興味を引かれながら、さて音楽の時間です。

■ぼんくら峠。二回目の体験です。本当にすごい。素晴らしいとしか言いようがない。クビがとれそうになるほどタコ踊る。

btg2.jpg


btg3.jpg


btg1.jpg


btg4.jpg


■聡文三と彼のエレクトリックフレンド。今回はあたらしいフレンドの登場(!)もあり、前回にも増してエキストリームな「表現行動」が展開される。されまくる。面白すぎる…。

sbz3.jpg


sbz4.jpg


sbz5.jpg


sbz1.jpg


■その後、ウヨがキョクセツし、親不孝はずれのちょっとどうかというくらい良質なお店にて、「今後の日本のお笑い芸人について」「ミクシーでコミュ立てる奴は死ぬ気で立てろについて」といったモンダイを考察したりしながらビンビール2本で終了。まだバスが来てたので当然ゲッティングする。はふん。

■さらに前日。月初からエンエンとつづくアルコール活動もやっと小休止して、体調も復調・勢い寂聴に欲情、なんてライムも飛び出すほどに回復した今夜は山本無我氏のアコースティックライブが平尾「STUDIO YABAN」にて開かれたわけで。早びけしてイソイソと西鉄大牟田線。なんかこう、ひさしぶりの帰宅ラッシュの電車っつうの?訳知らず興奮しちゃいますな。トレイン・イン・ヴィンビンですな。ここ数年はミック・ジョーンズ派。

■山本無我氏が歌う。歌う。歌う。感動と爆笑が交錯するひととき。

muga1.jpg


muga2.jpg


muga3.jpg


muga4.jpg


つくづく、ライブは体験しないと駄目だな、と。思いました。

■終演後、平尾のその名も『居酒屋 剛呑(GO-DON)』でジャイガンティックに痛飲。たのしい宴のあとは最終バスも去り、大名までフラフラ、カラのサイフに気づきコンビニATMで借金。よせばいいのにひみつバーにてビール小瓶一本で撃沈後タクシーで帰還。我ながらなんというか駄目駄目である。もう月末まで酒は呑まないぞと心に誓ったのであった。冒頭へ戻る。


■いやらしい人間なので、アクセス解析なんてものをチェックしているわけですが、某SNSに掲載されたリンクからの拙ブログへの大量のアクセスが来て、「アラウフフやぁねえ」なんて思っていたら、時を同じくしてこれまた大量のスパム・トラックバックが数時間おきに殺到。
まぁ、なんの関係もないとは思いますが、トラックバックは承認制にさせていただきます。けっこう長いことやってるけど、トラックバックっていまだに意味がよくわからないのよね…。


MYSTERY TRAIN - LITTLE JUNIOR'S BLUE FLAMES - SUN #192 78RPM



で、ふたたび告知。

7/22火曜日は春吉gigiにて一席ご機嫌を伺います。詳細はさらに後日へ続く。夜9時。

スポンサーサイト



湿気とその弟子

CA390295.jpg


■この暑さはなんだ。なんなんだ。

■なんだか連日呑んでいる気がする。気のせいだ。気のせいにちがいない。

■気のせいにちがいないのだが、おサイフはどんどんどいんどん軽くなっている。なぜだ。

■宮崎勤の死刑執行。
いろいろと思うところありますが、過去の拙稿よりコピペ。

【●吉岡忍「M/世界の、憂鬱な先端 (文春文庫)」…連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の精神鑑定書(三通りのまったく違う内容!)および裁判記録、周辺の膨大なインタビュー、さらに宮崎本人からの書簡をもとにして、作者は昭和最後の、そして平成最初の怪物とその時代・そして現在をあらためて捉えなおそうとする。

 宮崎の発言には「肉物体」「骨物体」「ネズミ人間」※「あれーっと思った」「どっきんどっきんして」などなどなんともいえない言葉が連発するが、そのなかでのこの発言

「ビデオなんか、集めている最中は甘いんだよ。ビデオデッキが動いている最中、ピカピカッとなる……あれが、いい。いま集まっているな、と思う。あれが甘いんだよ。内容なんか、見ていない。……集めごとしている最中が甘い。甘いっていうのも、激しく甘いんじゃない。とろけるように甘い。甘いと安心できるんだよ。手のことで心配ないと甘いんだ」 にはココロをかき回される。むむむ。

 終盤、作者は酒鬼薔薇事件の詳細・顛末を追いつつ、絶望的なこの国の希望となるべき「新しい神話」を模索して幕を閉じるのだが、事件後の友が丘中学校の体育祭で起きた「ある事件」には、不覚にもグッときちゃって…。 分厚いが、読み応えあり】

新聞にて、吉岡先生コメントされていたが、いろいろな意味で「くやしさ」を募らせていたのが興味深かった。TBSラジオ・ストリームでは、勝谷誠彦の水爆級の爆弾がポッドキャストで炸裂しています。スゴス!

(※どおでもいいが「ネズミ人間」云々、先週読んだ2chガ板かなんかで、「『ネズミ人間』発言、実は宮崎は最初「ミッ●ーマ●ス」と言ったのを各メディアが鬼の自主規制をして…」という与太が披露されていて(記憶の限り当時その手の話は無かったはず)、「ああ、こーやって都市伝説って誕生するのかも…と憤り&感心半分)
Snoop Dogg feat. The Doors - Riders on the Storm


■読書二冊。
●小林信彦「映画×東京とっておき雑学ノート―本音を申せば」…ココロの師匠・小林大先生の軽くて重い最新エッセイ。サブカルがどうとか言っている全ボンクラ国民必読の逸冊。先生、最近は堀北真希ちゃんに御執心のご様子。素晴らしすぎます、そのアティテュード!植木等追悼文は必読。
新刊・レンガのような装丁が素晴らしすぎる定本日本の喜劇人(全2冊)も欲しいの!たぶんカードで買うの!
炭坑節 / フランキー堺とシティ・スリッカーズ (歌・植木 等)



●ジョー・ランズデール「ロスト・エコー (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 12-3) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 12-3)」…テキサスの凄腕ストーリー・テラー・ランズデール叔父貴の新作は、サイコメトラーな少年が謎のオッサンとカラテ・キッドしつつ恋に友情に連続殺人鬼に挑む、というT-ボーンステーキ特盛り汁だくな内容にもかかわらず、叔父貴特有の軽妙な文体※なので胃にもやさしく、まるでポン酢大根おろしでいただくような爽快な一皿、じゃなかった一冊。
オッサンが操る謎の拳法「神拳(シェン・チュアン)」が実は叔父貴が本当に創設していた護身術、Martial Science というのがキモ。HPもあるぞ!よくわからないが、ベルト制なのね。

※「ハップとレナード物(早く新作を出しなさい角川)」でもおなじみの、叔父貴の軽妙洒脱な文章の例をひとつ、少々長めだが引用させていただきたい。

【 ドアを開けたのはそっちだろう、くそばか野郎。下衆の勘ぐりなんかするから、こっちは本心を正直にしゃべったまでだ。それに、それに、言いたいことはまだ終わっちゃいないぞ。おれが思うに、おまえは、アリ塚で風にさらされ日差しで白くなった細長い犬のくそみたいに腐った野郎だ。しかも、まわりのものもまわりの人間も、残らず死なせたがっている。ハリーがなにかを始めてチャンスをつかみ、断酒できるということに耐えられないんだ。そうなれば、おまえとの関係はどうなる?幼なじみじゃない連中は、屋外トイレに火がついて、おまえがそこに縛りつけられてでもいないかぎり、トイレに十五分もいさせてくれないだろうな。
 負け犬が生まれて以来、最低最悪の負け犬なんだよ、おまえは。そのうえ病気ときた。行く先々で負け犬病を、干からびて白くなった犬のくそ化病を広めて、みんなを自分といっしょに下水管に引きずりこみたがっている。小便とくそを飲みこんで、人間みたいな歩きかたで体裁をつくろった犬のくそめ。さあ、これで言いたいことは全部吐き出した。ああ、もうひとつ言いたいことがある。いや、質問だ。ステーキはあきらめてもらえるかな、くさいイタチ野郎?】


どうよ?翻訳・北野寿美枝先生もノリノリである。素晴らしい。
Rebel Meets Rebel - Nothin' To Lose
テキサスの鋼鉄神・故・ダイムバッグダレル先生とデヴィッド・アラン・コー師匠の下品極まりない珠玉の逸品。



■というわけで、クソ暑いけどボチボチがんばりましょう。
それと、数年来の企画をやっとやらせていただくことになりました。
7/22(火曜日)
春吉gigiで夜九時から、予定あけといてね。
詳細は後日。



Exodus - War is my sheppard
台湾はどうなんのよ?




デス・ウィッシュ・ギリギリモザイク2008

ntt444.jpg


■アキバ襲撃の件。とにかく犯人の「打たれ弱さ」がかなしい。困った。非常に困った時代。

■ある意見
29 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/06/11(水) 20:58:45 ID:XYWHKi000
こいつの場合

「好きだから」「趣味だから」っていうんじゃない
つまりオタクになれなかったできそこない

要するに秋葉原に象徴されるようなオタクものを「好きになれなかった」
「癒しを求めたのに結局癒してくれなかったオタク趣味を逆恨み」

だからこそ秋葉原で事件を起こした

要するに単なる自己中、逆恨み
癒されているオタクたちみたいになれなかった単なるできそこない


103 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/06/11(水) 21:04:59 ID:bSyuG6X/0
>>29
でも難しいぞ、それって

本田透はモテない男を救済する手段としての萌えを提唱したが
結局のところ、「萌え」は本田透の言うところの「ダークサイド」に引き寄せられる感情を
何とかライトサイドに引っ張り上げるものでしかない

例えるなら痛みに対してモルヒネを使うだけのものに過ぎない

痛み自体の発生を何とかしないといけない
加藤はそれをやろうとしたんだと思う

で失敗して凶行に走ったわけだ

これから、喪男は
”モルヒネ”がやがて効かなくなったとき
あるいは”モルヒネ”が使えなくなったとき
”モルヒネ”が規制されたときを考えなきゃならん時代に来ていると思う


■現地で怪我人を救助した方々に肝炎感染の危険性との報。これもなんというか我々は非常に難しいトコロに来ているように思えてならない。困った…。

犯罪予告検知のソフト開発へ=来年度予算で要求-通り魔事件受け増田総務相【増田寛也総務相は11日、インターネット上の犯罪予告を検知できるソフトウエアの開発費を、来年度予算の概算要求に盛り込む方針を明らかにした。同日開かれた、東京・秋葉原の通り魔事件を受けた再発防止のための関係閣僚会議終了後、記者団に語った。

 開発が検討されるソフトは言語技術を応用し、違法・有害情報の検出精度を向上させるもの。通常とは異なる急激な書き込みの増加や、自殺や殺人予告などの言葉を使った議論の流れなどを分析し、犯罪につながるような情報を認知できるようにする。業界関係者によると、ソフト開発には少なくとも数億円の費用が掛かるという】

で、

犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」【総務相が、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を来年度予算の概算要求に盛り込むと発言した。費用は数億円」という報道を受け、開発者の矢野さとるさん(26)は、犯行予告収集サイトを1人で2時間で構築・公開した。

ネット開発者で構成するベンチャー企業・ロケットスタートの矢野さとるさん(26)は6月12日、ネット上の犯行予告を集約するサイト「予告.in」を公開した。フォームから犯行予告情報を投稿してリアルタイムで共有できるほか、2ちゃんねる(2ch)やブログ、はてなブックマークから犯罪予告関連の書き込みを自動収集。犯罪防止に役立ててもらう狙いだ。

 トップページには、犯行予告情報投稿フォームと、2ch、ブログ、はてなブックマークの関連情報一覧を掲載した。

 フォームに投稿した情報は、Twitterの専用アカウント「yokoku_in」に自動で投稿されるほか、Yahoo!グループの専用メーリングリストに流れる。

 2ch検索から「犯行予告」「殺人予告」「殺します」「殺す」「爆破」「通報」というキーワードを含むスレッドを、定期的に自動取得してトップページに掲載。はてなブックマークからは「犯罪予告」「犯行予告」「爆破予告」「犯罪」を含む記事を、テクノラティを使ったブログ検索で「犯罪予告」「犯行予告」「殺人予告」を含む記事を定期的に取得する。各種APIを活用して構築した。

 犯行予告情報を投稿する掲示板や、警視庁匿名通報フォームなど通報先をまとめたリンク集、犯行予告に関する情報をまとめるWikiも設置した。

 犯行予告のブックマークを共有できる「通報ブックマークレット」も実装する予定だ。「ブックマークの多いURLのランキングを作れば悪質なものが上に上がってくるのでは」とみている。

ネットの良心活用 ゼロ円で犯罪防止を
 矢野さんは11日夜、「増田寛也総務相が来年度予算の概算要求に、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む。費用は数億円かかる」という内容の報道を見て、「インターネットの仕組みを使えば、0億円で数時間でできる」と考え、実際に1人で2時間で作ったという。

 報道にあったような、犯行予告を自動で検知するソフトの場合、関係ない情報を大量に収集してしまったり、検知をすり抜ける隠語が利用される――といった可能性があり、精度を高めるのが難しい。

 矢野さんは「2chで犯行予告を探し、通報しているボランティアは多い。そういった“ネット上の良心”をリソースに、人手で探す人海戦術のほうが、より精度が高いだろう」と考え、CGM(Consumer Generated Media)型防犯システムを発案したという。

 「最近は、ネットの悪い部分ばかり取り沙汰され、いい部分があまり出てこなくて悲しい。2chの住人の地道な活動などが、こういうツールやサービスを通じていい方向に使われれば」】

と思えば、
「mixi」自己紹介欄で「シャブ売ります」 買った女子高生、売った会社員を逮捕
【覚醒(かくせい)剤を売買したなどとして、神奈川県警相模原署などは覚せい剤取締法違反(譲渡など)容疑で、横浜市南区南太田の会社員、山際卓吾容疑者(32)と相模原市在住の私立高校3年の女子生徒(17)を逮捕した。

 調べでは、山際容疑者は4月22日、相模原市内のホテルで、女子生徒に覚醒剤0・6グラムを3万円で売った疑い。

 山際容疑者は、インターネットのサイト「mixi」の自己紹介欄に「つめたいシャブシャブをSP…」などと書き込み、覚醒剤や注射器の販売を宣伝。3月下旬に女子生徒がサイトを見て、連絡を取り、4月に会ったという。

 女子生徒の母親が娘の様子がおかしいと警察に連絡し、女子生徒から覚醒剤が検出されたことから、5月22日に逮捕された。

 女子生徒の供述から山際容疑者が浮上。同署などは6月12日、山際容疑者宅を家宅捜査し、覚醒剤約15グラムを所持していたとして現行犯逮捕した。

 女子生徒は「今までに何度もやっている」、山際容疑者は「小遣いがほしくなったときに売った」などと供述しているという】

なんてやってる間に、

父親病死後車いすの長女衰弱死か
【26日午後2時ごろ、兵庫県宝塚市の無職男性(77)方で、男性と長女(38)が死亡しているのが見つかった。

 宝塚署によると、男性は風呂場で亡くなっており、病死とみられる。長女は車いす生活で、男性が食事などの世話をしていたという。同署は男性の死後、長女が衰弱死した可能性が高いとみている。

 調べでは、2人は死後数週間が経過。4月末に同県川西市から引っ越してきたばかりだった。川西市で親子と同居していた女性(78)が、2人の様子を見に訪れ、死亡している2人を見つけた。

 室内には、長女がはって動き回ったり、流しで水を飲もうとした形跡があったという。
2008年5月26日21時30分】

いっぽうインドではまたしても、

インドの家族4人、魔術使ったとして生き埋めにされる【インド北東部アッサム州の村で、魔術を使ったとして家族のメンバー4人が村人に石などで襲われた後、生き埋めにされたことが分かった。地元警察が11日発表した。

 この村では、住民の1人が病気で死亡したことを受け、被害者の男性(65)がこの住民にのろいをかけたとの疑いが浮上。10日夕に村長宅で行われた会合に呼び出され、村人数百人から魔術を使ったとして非難された。

 その後この男性と妻、息子と義理の娘の4人対して村人が石やれんがで襲い掛かり、近くのジャングルに生きたまま埋めたという。

 同州では過去数年間に、魔術を行ったとして近隣住民に殺害された人の数が500人以上に達している】

とかいいつつ、

地デジ受信機支給へ 生活保護107万世帯に【総務省は、11年7月24日までにすべてデジタル化される地上波テレビ放送を視聴するための専用チューナーなどの受信機器を、経済的に購入が厳しい生活保護世帯に現物支給する方針を固めた。全国で約107万世帯が対象で、1台5千円の簡易チューナーが開発された場合でも、支給額は50億円を上回る。(橋田正城)

 地デジ対策を検討する総務省の委員会が10日、支援策についてほぼ合意に達した。関係者によると、会合では生活保護の受給基準には当てはまらないが、経済的に厳しい世帯への普及対策も必要だとする意見が相次いだ。現物支給の対象はさらに広がる可能性がある。早ければ来年度にも実施する見通しだ。

 対応テレビへの買い替えなど地デジは視聴者の自己負担が原則だが、経済的な事情で対応機器の購入がままならず、視聴できない世帯が生じる可能性がある。テレビ放送は生活に必要な情報を提供しており、地デジへの完全移行までに必要な対策を講じなければ、日常生活に支障を来す恐れもあった。このため、総務省の委員会で金銭的な支援策を検討してきた。

 委員会では(1)支援対象は、経済的な困窮度の高い人に限定する(2)アナログ放送を受信している人が11年度以降も地デジを視聴できるための措置に限る――ことを原則として議論してきた。

 具体的には生活保護世帯や、NHK受信料の全額免除世帯(約140万件)、高齢者のみの世帯(約840万世帯)、障害者世帯(約600万世帯)を支援対象として検討。まず生活保護世帯に支援策を打ち出すことにした。

 支給方法については、現金、現物、クーポン券の3種類を検討したが、現金配布は「過去に例がなく、本来の目的と違った用途に使われるおそれがある」との意見が大勢を占め、「最もシンプルで合理的な支援策」(委員)である現物支給でまとまった。アナログ放送用のテレビも専用チューナーを取り付ければ、地デジ放送が視聴できる。

 総務省は5千円程度という低価格チューナーの開発を電機メーカーに求めている。現在、量販店で主流の2万円程度のチューナーが支給される場合は、支援総額は214億円となる。

 地デジについての低所得者対策は、27日に開かれる情報通信審議会(総務相の諮問機関)で第5次中間答申として提出される。その後、総務省が8月末までに細部を詰めて、来年度予算の概算要求に盛り込む。

 07年度末の地デジ受信機の世帯普及率は43.7%。増田総務相は今後3年間で、低所得者対策や高層ビルの陰で生じる難視聴施設の改修費など2千億円規模の対策が必要になるとしている】

そのほか、

■スラッシュドットジャパン「インターネットによって私たちの知的能力は低下している?

■GIGAZINE「いわゆる『青少年ネット規制法』が成立、どのような影響が今後考えられるのか?
【なお、ここまで読めば明らかですが、この法律が関係するのは未成年などの青少年だけではなく、いわゆる「成人」であり、未成年に対して不適切で有害と判断された情報が削除されてしまうと、成人もそれらの削除された情報にアクセスすることはできなくなる、というわけです】

などなど。やってられないが、やらなきゃ仕方ない。ナニを?イロイロとですッ!

■マイク水野、逝去。合掌。マイク作のベスト邦題と言えばやっぱし「真夜中のカーボーイ」でしょ…。
Harry Nilsson Everybody's Talking




Municipal Waste 'Headbanger Face Rip' - By Troma
しかし今は2008年もはや残り半分。もはやスラッシュせざるをえないッ!

六月の三日間(下)

6/9 天神四次元・「26世紀の夢売人」ちゅうぶらんこDVD発売記念ライブ + 上映会へよろめきながら向かう。いい加減三日間連続ライブ鑑賞はカラダに応えるのです。うう。

■DVD上映は間に合わず、一発目はちゅうぶらんこのギター・ナジオ氏の新バンド。スコンと抜けたフォークロックが心地よい。
najio.jpg


■続いて「あの」山本研二改め山本無我氏の登場。コトバにならない感動。コトバになりません。
ymuga.jpg


ymuga2.jpg


ymuga3.jpg


■そしていよいよちゅうぶらんこの登場です。カッコ良すぎ…ッ!
c1.jpg


c2.jpg

幕間でステージ脇から山本無我氏がこんな風に嘯く「すべてのエセ・ロックミュージシャンはちゅうぶらんこに道をあけろ」※山本氏ではなく、ほかのヒトの発言だったとの事です。訂正。

c3.jpg



終演後、O師・I師とタラフク食べて、イロイロなことを考えながら帰宅。
本日計缶ビール3本・瓶ビール2本。こうして怒涛の三日間は終了です。

ロックンロールに幸あれかし。

THIS MAGIC MOMENT


六月の三日間(中)

zkz1.jpg

■6/8 今泉のバーNOIS/NOIZへ「とんちピクルスとオオクボ-TのどうせやるならちゃんとやらNIGHT vol.4」をご鑑賞。

昨日同様、仕事がキッチリ上がらずまたしても天神を欽ちゃん走りでダッシュ。冒頭のとんちライブは見のがし、劇徒・次郎粉座の上演途中からご入場。入り口では「福岡にそよぐ一陣の涼風」ことタケダ2000GTさんがモギってくれるという贅沢なつくりになっております。

zkz2.jpg


題して「鳥になったおっさん~カラアゲ作戦秘話~」。若き軍人ならぬ「軍鳥」たちの群像劇が「愛と青春の旅立ち」とかカラアゲ粉とか「バーおchaめ」とかがデュアルな時空軸を行き交いながら展開し、クライマックスの壮絶かつ荘厳な空中カラアゲ特攻作戦へ…。

zkz3.jpg


zkz4.jpg


満場の観客の紅涙を絞り取りまくっての大団円。主宰ユメムロ・ヒサシ先生(だっけ?)の熱く迸る口上にあやうく「これは本土決戦も止む無しッ!」な気分になるが、劇の反戦とピースあふれる内容に気づかされハタとココロの膝をがっくりとつかされる。何を言っているかわからない。

zkz5.jpg

zkz6.jpg


■続いて謎の男、Tim Penn(ティム・ペン)さん。シカゴ発・インド経由・北九州在住というよくわからない男がアコギを「叩き」唄いまくる。とつぜん昔の彼女の話を始めだして、会場にいるイマ彼女(?)を複雑なカオにさせるという戦慄の演出も交え、超バカテクプレイとイナタい唄が素晴らしい。
どうでもいいがブライアン・ジョンソン好きなのだろうか。
timpenn.jpg


■そしてオオクボ-T登場。文化祭で女子高生に睨まれたりトウフ屋でえらい目にあったりした一日をほぼ完璧に再現すると言う叙情性あふれる問題作のほか、本日はいつもょり過剰にギターすなわち斧つまりアックスと戯れられる旋律のギタープレイが展開される。
okbt1.jpg

以下めんどくさいのでクリックで拡大します。
okbt2.jpg
okbt3.jpg
okbt4.jpg
okbt5.jpg
okbt6.jpg
okbt7.jpg
okbt8.jpg
okbt9.jpg
okbt10.jpg


■最後にとんちピクルスの熱唱で幕を閉じる。あまりの熱唱に照明が吹っ飛びそうになるのであった(マジ)
tm1.jpg

tm2.jpg


■終演後、思わずマッタリと長居させてもらってしまい、深夜タクシーで帰宅。この際、タクシー運ちゃんとイロイロあったのだが、マこれはアレ過ぎて書けません。ええ、書けませんとも。最近イロイロ怖いですし。ハイ。

■ということで今回のお店・今泉のNOIS/NOIZですが、建物取り壊しでなんと10月で閉店とのこと。絶妙な昭和テイスト溢れるカウンターのこのお店にみなさんイマのうちに行っておいた方がいいと思うのよね。いやマジで。
以上。本日計ビールグラス5杯。
ゲフッ



六月の三日間(上)

tokitsu1.jpg

■6/7大名ROOMSにてロレッタセコハン・時津さんラストステージをご鑑賞。
8時に仕事を終えてビタビタと小走りに駆けつけるも、ロレッタ出番はじゅ・11時。仕方ないのでコンビニで「金麦」を啜りながら週末のはっちゃけた大名の街角を凝視。結婚式の二次会らしき集団が騒いでおります。気合の入りすぎた参列者の女たちをさらに凝視。…この発泡酒なかなかウマ!

凝視の果てにいよいよ開演。
RS02.jpg


ideriha1.jpg


tokitsu2.jpg


タンタンかつ熱いステージが粛々と進行。
時津さん、とくにMCなく、最後の言葉は鬼名曲・「ロストチャンス」の 「I don't know」であった。素敵。

RS01.jpg


不世出の天才変態ドラマーを惜しみつつ、それよりもなによりも次なるロレッタセコハン=出利葉信之の企みに過剰な期待を勝手にかけつつ、最終バスに向かってタコダッシュ。
計・缶ビール4本(うち金麦2本)。


ロレッタセコハン/赤のカーニバル roretta secohan"red carnival"



 

煙・がめ煮・しみる

ironearJ.jpg

■休日。天神ビブレのマクドナルドでなんやらセットとシャカシャカチキン・新味なんとかガーリックを買い、席に着くと紙ナプキンがついていないことに気づく。立ち上がり、数メートル離れた処にある紙ナプキンを取って再び着席する。喫煙席。タバコに火をつけ、先ほど買った平山夢明先生の「東京伝説 冥れる街の怖い話 (竹書房文庫 )」を取り出し数ページ読む。うむ、今回も生理的に危険。
おもむろにシャカシャカを食おうと、例のコナを探す。無い。トレイの上に詰まれたハンバーガーやらポテト、紙ナプキンなどをひっくり返すも、例のコナ袋が無い。
カウンターにてもらい損ねたかも?と思ったが、店員がほかの者に「なんとかガーリック、ラストですぅ!」と言いながらおれのトレイに乗せたことを覚えている。

混乱しつつキョロキョロと周りを見渡してしまう。チラリと隣の席を見ると高校生らしきカップルの女がいて、ほぼ食べ終えているトレイの上に未開封のソレが。その横には開封された別のアジのソレが。壁のコンセントに繋がれた悪趣味な薔薇ノブツブツのデコレーション携帯のそばにソレが。

それはおれのコナじゃないのか?と思った瞬間、彼女の携帯がちょっとどうかと言うくらいの音量でワンコール鳴り響く。画面を見てブツブツいいながら未開封のコナを手に取り、半分食べかけのシャカシャカチキンにそれを振りかけて、振って、振って、食べる。

女の奥の彼氏は「チョー腰が痛えんだけどー」といいながら、制服姿のままクールボックスに火をつける。また彼女の携帯がちょっとどうかと言うくらいの音量でワンコール鳴り響く。
女は携帯の画面を見ながら「うちら一日中ここにいるもんねぇー。あっちの背もたれのある席行こう」
3メートルほど向こうの席に移動するカップル。

そのあいだ中、女は全力でおれのほうから顔をそらしている。

強烈な吐き気に襲われながらも、一気にアジのしなくなったなんとかセットを無理やり食べ終えたおれは、ふらつく足取りで天神ビブレ地下の制服姿の高校生に喫煙を推奨しているマクドナルド天神ビブレ店から逃げ出したのであった。

■今月のタスポにまつわるエトセトラ

【●「タスポ貸します」…売り上げ苦戦のホテルや居酒屋                           たばこの自動販売機で成人認証を行うICカード「タスポ」が導入された地区で、カードを客に貸し出す店やホテルが出始めた。申し込み手続きの煩雑さから普及が伸び悩む中、自販機でたばこを買えない客に配慮した“苦肉の策”。
発行元の日本たばこ協会(東京)はタスポの貸与を禁じているが、同協会加盟のメーカー「日本たばこ産業」(JT)は「貸す時に相手が成人かどうかがわかるので問題ない」としている。

 5月に導入された徳島県小松島市にある居酒屋では、店先の自販機の側面に「タスポ、お貸しします」と書いた紙を張った。
 導入後、月50万~60万円あった売り上げは6万~10万円に激減した。電気代などの経費を引くと利益は月に数千円しかないという。男性店長(62)は「売り上げが落ちたので、JTの営業マンから指南された。身分証明書などの提示は求めないが、未成年には貸さない」と説明する。
 宮崎市内のリゾートホテルでは、タスポが導入された3月1日から、客に従業員のタスポを貸し出している。フロントと入浴施設の2か所に1枚ずつタスポを置いており、貸し出す際にはスタッフが成人かどうかを判断し、自販機まで同行しているという。
 同ホテルの担当者は「規約で貸し出しが禁じられていることは知っているが、タスポが導入されていない県外の客も多く、要望があれば断れない」と話す。
タスポは7月1日以降、運用が全国に広まるため、このホテルでは6月末までは貸し出しを続ける方針だ。
 こうした動きに日本たばこ協会は弱り顔だ。「タスポの趣旨に反している。未成年者喫煙防止法に抵触する恐れがあり、やめてほしい」と訴える。
 これに対し、JTは「タスポの普及は伸び悩み、個人商店では死活問題になっている。
年齢を確認した上で貸し出すのは対面販売と何ら変わりないはず」(IR広報部)と反論している。

(2008年5月31日 読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20080531-OYS1T00453.htm

●たばこの自動販売機で成人かどうかを識別する専用ICカード「taspo(タスポ)」を
未成年の次男(15)に貸したとして、福岡県警南署は2日、福岡市南区の清掃作業員の母親(41)を未成年者喫煙禁止法違反(親権者の不制止)の疑いで福岡区検に書類送検した。
「貸してくれと言われた」と容疑を認めているという。
県警によると、未成年者へのタスポ貸与をめぐる摘発は全国初という。

調べでは、母親は5月12日午後0時半ごろ、塗装工見習の次男(15)が自動販売機でたばこを買って吸うことを知りながら、自分名義のタスポを貸し、喫煙を止めなかった疑い。
署員が同月19日午後3時ごろ、同区内の公園にいた次男を職務質問した際、母親名義のタスポを持っていたことから発覚した。

http://www.asahi.com/national/update/0602/SEB200806020002.html

●福岡県広川町の自営業者が、未成年者の喫煙防止策で導入されたたばこ自動販売機用成人識別ICカード「タスポ」を自販機に備え付け、自由にたばこが買えるようにしていることが分かった。

カードを発行する「日本たばこ協会」(東京)は「成人識別制度や業界の信用を失墜させる行為」として、全国初となるカード無効化も視野に入れて是正を求める方針。
財務省たばこ塩事業室も「事態が続けば行政処分もありうる」と困惑している。

業者によると、福岡県で導入された今年5月以降、売り上げが約2割減少。
売り上げを増やすために同月下旬、家人名義のカードを自販機に針金で設置した。

自販機には、同時に「この自販機専用タスポです。未成年の方はご使用になれません」などと書いた張り紙を付けた。
県警八女署は先月27日、情報提供を受け「教育的観念から好ましくない」と、撤去を求めた。
しかし、業者は「法律には触れてない」と拒否したという。

日本たばこ協会によると、同様の例は先月、福島県で2件あったが、是正要請に即座に応じたという。
この業者は、毎日新聞の取材に「たばこを買うかどうかは親の責任では。規制する法律ができない限り、カードを撤去するつもりはない」と話している。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080604k0000m040158000c.html

●佐賀県上峰町のたばこ小売店が5日から、店前の自動販売機に取り付けたブザーで店主(58)を呼び出し、店主名義の成人識別ICカード「タスポ」で購入できるようにした。タスポ導入で売り上げ激減の店が多い中での苦肉の策。カードを発行する日本たばこ協会は「成人であることを確認すれば対面販売と同じ」と話しており、この販売方法に違法性はないという。

 店主によると、同町内に計6台の自販機を設置しており、タスポ導入前は月に合計数百万円の売り上げがあったが、県内で導入された5月第1週の売り上げは前月の約1割しかなかった。このため、午前6時半~午後10時半の間で、店の無人時は、鎖につないだ店主のタスポを自販機にぶらさげたが、売り上げは回復しなかったという。この方法は批判もあることから、ブザーによる呼び出し方式を新たに導入したという。

 店主はタスポ導入後のたばこ小売店の現状について「未成年者への販売を禁止するなら対面販売でもタスポを導入するべきだ。今のやり方は小売店に死ねというようなもの」と批判する。

 日本たばこ協会は「禁止事項の『譲渡・貸与』にはあたらない」と話している】

筆者は現時点でタスポは作っていない。理由は上記の如く「馬鹿みたいだから」。

■といった感じで日々ハッピーに暮らしていますが、いよいよ明日はロレッタセコハン時津さんラストステージ@ROOMS・翌日は次郎粉座のどうせやるならちゃんとやらナイト vol.4@NOIZ・翌々日はちゅうぶらんこ再結成(yabanのHPトップから連日眼が離せないぞ!)@四次元という、未体験のトワイライト・トリプルヘッダーに行かねばならぬ。体力と肝臓力が問われる有給必至の荒行におれは生き延びることが出来るか。
…たぶん無理だッ!


VIOLATOR - UNITED FOR THRASH
なんというキューティクル




ジューン・グラインド

ame15.jpg


■はやくもムシムシします。ギトギトします。換気の悪い部屋でPCのファンが爆音を奏でています。

■過日。春吉gigi・とんちピクルス投げ銭ライブ。一部の途中から入場すると。なぜか店内は狂乱のルツボと化していた。詳細は秘す。

tonchi3.jpg

関係ないけどあのあたり更地が異常に増えてますよね。このままでは曲がり角に潜む老婆の居所も無くってしまう。

tonchi1.jpg


飛び入りゲストのチンペイさんも唄います。ジャジーちっくなカフェギターが心地よい。

tonchi2.jpg


チンペイさんや、まえのjuru*y(ゆるい)さんも使っていたが、アコギのヘッドに挟む式のチューナー、あれ便利そうですな。まったく使うアテもありませんが欲しいですな。
※こんなのですな→◎Aria / ET-3000 クリップ式チューナー

■ウガンダ・トラ氏、ボ・ディドリー氏とあいついで巨体エンターテナーの訃報がつづく。合掌。
名言「カレーは飲み物」とセカンドライン・ビートは永遠に不滅です。
あの人もあの人もあの人も、それとあなたも長生きしていただきたいのです。モナー!

■今月の21世紀
その1南米団体、現代文明とは一切接触したことのない未開の部族の映像を撮影

その2「魔法使い狩り」で襲撃、11人焼死 ケニア
【ナイロビ(AP) アフリカ東部ケニアの西部の村2カ所で、魔法使いと決め付けられた11人が暴徒化した群衆に襲撃され、焼死した。警察関係者が21日明らかにした。
犠牲者は女性8人と男性3人で、40代の1人を除き70─90代の高齢者。
群集は息子や娘に魔法をかけている疑いがあるとして、11人を攻撃標的にしたとされる】

月に行こうがファイル共有しようが、ンなもなたいしたことではないですな、という。

■今月のコピペ
【681 :水先案名無い人:2008/05/18(日) 18:45:34 ID:zcacb3d10
70 :名前をあたえないでください [] :2008/03/04(火) 13:17:43 ID:OcVtco9+
アムウェイの会合に付き合わされて、DDだかなんだかの「コミュニティの中では偉い人」みたいな奴の
話を聞かされて、一緒にやろうとか言われてたんだけど、

「あの~、みんながアムウェイをやればアムウェイの商品の消費量が増大して、 それが利益につながるということはわかるんですが、あなたが馬鹿にする、 汗水たらしての労働を請負う人がいなくなれば、そのよく落ちる洗剤は 誰が作るんですか?」

と聞いたら、俺をその会場に連れて行った元友人に会場から連れ出されちまったwwwww 】

■気がつけば「狼と香辛料」以降なんにも読んでないぞ。寝酒代わりのラヴクラフト「時間からの影」がなんだか永久に読み終われないような気がしてきたぞ…!

■DVD弐発。
バイオハザードIII …ひたすらステキなジョヴォビッチ姉さんが飛んだり跳ねたり、(首を)刎ねたり蹴ったりするのをタメ息をつきながらご鑑賞する、という本シリーズの本来の目的を楽々とクリアーしたB級の巨匠、ラッセル・マルケイ先生に頭が下がるばかり。この深刻な不況をくぐり抜けることが出来たら、いつの日にかどーみても中華街じみたTOKIOでジョヴォビッチ姉さんに蹴って頂ける日も来ると思うんだよね。レザレクション!

ヒルズ・ハブ・アイズ…いやあ、期待しないで観たらコレが傑作で参った。原作のシンミリした風味も良かったが、A・アジャ若先生が200パーセント増量でやってくれました。大筋はイジらず、不足分をイマ風に補う、これこそリメイクのお手本じゃあないですか、と「つよきす二学期」の製作陣に問い詰めたいほどの良作かと。



Merciless Death - Death Warriors
猛烈にスラッシュ凶化月間実施中。なんというハコ!



プロフィール

DEADCHAN

Author:DEADCHAN
媚び&ペースティスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク