FC2ブログ

今夜はブギーバック

■連日飲み会が続く。ビールをチビチビと啜りながら、ことしはやけに「年の終わり」を感じています。

仕切りなおし?再起動?現状維持こそがいちばんむずかしい。

■ことし観た映画・読んだ本。

●映画 「イノセント・ブラッド」「王手」「フォーチュン・クッキー」「悲しみよさようなら」「バタリアン」「どついたるねん」スリップノット「ディザスター・ピーセズ」岡村靖幸「LIVE家庭教師’91「アンデッド」「下妻物語」「イージーライダーズ・アンド・レイジングブルズ」「スパイダーマン2」「バイオハザード2」「マーダー・ライド・ショウ」「ジョン・キャンディの大進撃(監督マイケル・ムーア)」「ヒューマン・キャッチャー」「エル・コロナド」「プリティ・イン・ピンク」「ヘルボーイ」「最‘狂’絶叫計画」「アメリカン・スプレンダー」「ふたりにクギづけ」「TAXI NY」「エイリアンVSプレデター」「ゴジラ・ファイナルウォーズ」「トルク」超怖い話・闇の映画祭」「スターシップ・トルーパーズ2」「SAW」「永遠のモータウン」「ミスティック・リバー」「稀人」「END OF CENTURY」「ランド・オブ・ザ・デッド」「ダニー・ザ・ドッグ」「ターミナル」「ドッジボール」「BUM FIGHTS」「マイ・ボディガード」「うる星やつら2~ビューティフル・ドリーマー」「カンフーハッスル」「マシニスト」「ハイウェイマン」「野獣死すべし」「サブウェイ・パニック」「PTU」「隣のリッチマン」「彼女は夢見るドラマ・クイーン」 「50回目のファースト・キス」「スーパーサイズ・ミー」「ライフ・アクアティック」「キャビン・フィーバー」「ヴィレッジ」「ラ・マンチャの男」「野獣死すべし」「サブウェイ・パニック」「PTU」「バットマン・ビギンズ」「ベルヴィル・ランデブー」「オールド・ボーイ」「宇宙戦争」「バス男」

●本 クーンツ「汚辱のゲーム」「サイレント・アイズ」「コールド・ファイア」吉田豪「男気万字固め」、岩原裕二「いばらの王」ジョニー大倉「キャロル夜明け前」ゴールディング「蝿の王」ロバート・ホワイティング「東京アンダーワールド」「東京アウトサイダーズ」本橋信宏「にくいあんちくしょう」木原浩勝・中山市朗「新耳袋特別編集・怖い日曜日」マイケル・J・フォックス「ラッキーマン」戸梶圭太「未確認家族」「溺れる魚」牛乳アンタッチャブル」「theTWELVE FORCES」「ビーストシェイク」「闇の楽園」「アウトリミット」「レイミ~聖女再誕」「さくらインテリーズ」「天才パイレーツ」「燃えよ!刑務所」「トカジャクソン」「あの橋の向こうに」「ご近所探偵TOMOE」「赤い雨」「cheap tribe」ジョー・ランズデール「サンセット・ヒート」ネルソン・ジョージ「リズム&ブルースの死」中野翠「ムテッポー文学館」平山夢明「『超』怖い話E」「独白するユニバーサル横メルカトル」(アンソロジー「魔地図」より)東京伝説~ゆがんだ街の怖い話」「日々狂々、怪談日和。」「ふりむいてはいけない」「超怖い話Z」「ナンシー関大全」吾妻ひでお「失踪日記」町山智浩「底抜け合衆国」「USAカニバケツ」矢部武「人種差別の帝国」三浦展「ファスト風土化する日本―郊外化とその病理」森達也「下山事件」平口広美「最新・フーゾク魂2」「フーゾク魂」「新・フーゾク魂①」「新・フーゾク魂 しょの3ノ巻」トニー・ケンリック「マイ・フェア・レディーズ」「スカイジャック」「三人のイカれる男」戸川昌士「おまた!猟盤日記」大槻ケンヂ「リンダリンダ・ラバーソール」「綿いっぱいの愛を」堀田 純司「萌え萌えジャパン~二兆円市場の萌える構造」関川夏央・谷口ジロー「事件屋稼業 Revised Edition」掟ポルシェ「説教番長・どなりつけハンター」「男道コーチ屋稼業」中島らも「イッツ・オンリー・ア・トークショー」エドワード・バンカー「リトル・ボーイ・ブルー」ダン・シモンズ「ダーウィンの剃刀」ひじかた憂峰・松森正「湯煙りスナイパー」カリブ・マーレイ・木崎ひろすけ「少女・ネム」狩撫麻礼・中村真理子「唇にブルースハープ」土屋ガロン・嶺岸 信明「オールド・ボーイ」安藤 健二.「封印された電車男」「封印作品の謎」小林信彦「本音を申せば」「夢の砦」本田 透「電波男」朝倉喬司「誰が私を殺したの」 大石圭「呪怨」「処刑列車」「湘南人肉医」 シオドア・スタージョン「不思議のひと触れ」 ばるぼら「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」 ボブ・ズムダ「マン・オン・ザ・ムーン」チャック・バリス「コンフェッション」尾之上浩司編「ホラー・ガイドブック」idsam「暴言エミネム」ダン・シモンズ「鋼」「雪嵐」ジョン・アーヴィング「ピギー・スニードを救う話」本橋信宏「フルーツの夜」マキャモン「少年時代」「遥か南へ」「スワン・ソング」ヤマフー「外道忍法帖」「旅人 国定龍二」「秘戯書争奪」「銀河忍法帖」「魔群の通過」「叛旗兵」「御用侠」村上龍「半島を出よ」「昭和歌謡大全集」洋泉社ムック「実録!マーダー・ウォッチャー」いましろたかし「ラララ劇場」「ジョジョの奇妙な冒険」みなもと太郎「挑戦者たち」トム・ウルフ「成りあがり者」ディック「最後から二番目の真実」「流れよ我が涙、と警官は言った」水道橋博士「本業」蛭児神建「出家日記―ある『おたく』の生涯」吉岡忍「M 世界の、憂鬱な先端」スティーヴン・キング「回想のビュイック8」「ライディング・ザ・ブレット」水木しげる「ヒットラー」関根勤「バカポジティブ 関根の法則」本田透「電波大戦」春日武彦「不幸になりたがる人たち」「松田優作物語」蛭児神建「出家日記―ある『おたく』の生涯」トマス・ディッシュ「M.D」村枝賢一「RED」「仮面ライダーSPIRITS」「BIBLE」「聖なる夜に散歩する」etc etc…。

■お世話になりました。

本日も晴天なり。
タガヒルレコーヅの広場
LIMA:UBU
シモ子の忍法帖

スラッシュドットジャパン
暗いニュースリンク
玻璃街ろまん
画像掲示板ぁ THE はら内科
匂艶 THE はら内科
A板[避難所]
画像掲示板
てれびまにあ。
煙いブログ
tigerbutter
あんりみてっど

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
たけくまメモ
SLN:blog
エルエル
吾妻ひでお公式HP
【本危】まとめサイト:本当に危ないところを見つけてしまった・・・
などなど。

20051231130512.jpg



願わくは、いつまでもチビチビ飲める程度の健康とおカネを。 ピース。
スポンサーサイト



ワイルド・ワイルド・ライフ

ことしの師走はとにかく寒い。寒いぞ。

■チョクチョクと飲み事が入りはじめ、恐る恐る、飲んでいます。ひさしぶりの芋焼酎は甘くキケンな鮫の味。

■歳をとる、という実感は、たとえばハナ毛や陰毛に白いのを見つけっちまった時、テレビに出ているアイドルの名前がどおしてもわからない時など、枚挙に暇が無いモノであるが、先日あまりの寒さに自然な感じでモモヒキを購入、しかも白、情けなさを全身いっぱいで感じながらもヌクヌクと過ごしていますぜ。

■某日。大阪研修。ちょっとどうかと思うほどの大豪雪に、早朝四時起き・始発で日帰り新幹線は徐行運転で銀世界をゆく。車窓にて、はじめてモノホンのホワイトアウトを目撃。かといって、べつにホワイトヒートはしません。
 大幅に遅れて研修会場に到着するも、遠路はるばる吹雪の中やってきたのに、ネギライの言葉はおろか、お茶のひとつもタマワレず、毎度のことながら、つくづく某巨大企業の非人間っぷりにシビれる。徐々に衰退してしまえっ!!

■クリスマスイヴにこんな報告が。
 『いま博多駅にいます。
九州各県から出てきたらしい田舎者のカップル達が手をつないでふらふらしているのでとても邪魔です。
おそらくクリスマスイブに誰かと一緒に居たいが為に慌ててくっついた男女なので、腕を組むのではなく手をつなぐという手法から親密度の薄さが見て取れます。
首から下げてるそのピカピカのブランドのかばん、今日この日のためにリサイクルショップで買ったのかしら?
服も靴もおろしたてのようね。まるで七五三のようでとてもよくお似合いよ。
きっと他にお金を使う機会が無いんでしょうね…きっと一年間で今日くらいしか楽しみが無いのね。可哀想な人達…
だからクリスマスイブにここまで力を入れるんですね。
その恋が上手くいくように祈っているわ…どうせあんたらが一生で人から注目してもらえる瞬間は結婚式以外に無いからね!

御国の来たらんことを!

■所謂才能やセンス、「かがやき」は1ミリも持ち合わせていないくせに、薄汚い過剰な自意識と下品な権謀術数で某シーンに君臨していたカスが、カスらしいチンケな所業で窮地に陥っている、なんていうココロ暖まる噂話を聞くたびに、「ああ、やっぱり生きててよかったニャー!」と思うのさ。ジャスティス。

■映画と読書。

●「ロング・エンゲージメント」…ジェネとアメリ女が戦場でラヴ・ロマンスなんて言うから、こちとら勝手に高橋葉介のパラシュート慰安婦(わかんねえよ)的なモノを期待していたら、なんちゅうかこう、絶妙にユルい土曜ワイド劇場のような推理モノであった。悪くはないんだが…。ハタチと言い切るアメリ女に、女優魂を見た二時間半。長い。

●とにかく村枝賢一「RED」が熱い!オモロい!!ハッタリはヤマフー、アクションはペキンパーの魂を持つ逸品。こやつのせいで古本屋を駆けずり回る日々であるよー(定価で買えよ!)。「仮面ライダーSPIRITS」もヤヤヤヤヤヴァアイ!!やはり絵柄で好き嫌いしてはイカンというワケやね。

●ヤマフー「御用侠」…例のヤマフー自作ランキング・ランクEの問題作が何気に復活。いやいや、なかなかオモロ。ンが、後半の尺合わせの如き展開や、チョイ無理ありの結末に、先生のお蔵入りさせたご判断は正しかったのかも知らん、なんて背伸びしてみたが、こうなってくると、ぞくぞく発刊される復刊モノも考え物かもしれぬ。マニア向けのブートになっちゃうよ。

トマス・ディッシュ「M.D」を再読。幼稚園の先生が「サンタクロースはいない」とノタまったことで、世界規模の大・大惨劇の幕が開くモダン・ホラーの大傑作。ノロノロ新幹線のなかで最高の後味の悪さを満喫。


20051226235311.jpg


次回は今年最後の予定。ハテ、ことしはナニ年だったっけ?

そうそう、今年のクリスマスプレゼントは、とってもすてきなものをいただきましたよ。

Pretty paper / Roy orbison

(the pretty paper, pretty ribbons of blue)

Pretty paper, pretty ribbons of blue
Wrap your presents to your darling from you
Pretty pencils to write I love you

Pretty paper, pretty ribbons of blue

Crowded street, busy feet, hustle by him
Downtown shoppers, christmas is nigh
There he sits all alone on the sidewalk
Hoping that you won’t pass him by

Should you stop? better not, much too busy
You’re in a hurry, my how time does fly
In the distance the ringing of laughter
And in the midst of the laughter he cries

Pretty paper, pretty ribbons of blue
Wrap your presents to your darling from you
Pretty pencils to write I love you

Pretty paper, pretty ribbons of blue




20051223234518.jpg


メリメリ・クリクリ。

聖オークボTのいけにえ

十二月。街はクリスマス気分。どこからか、思い出したようにジョン・フォガティの声。
と、いうわけで今年最後のイベント「オークボT・クリスマスディナーショウ・イン・グルッパチ」へ。
例年のごとく寒風のなかリモーのペダルを漕いで会場に到着すると、選ばれし者にしか手に入れられないプラチナ・チケットを求めて群がる貧民・窮民・にゅうめんやらパパラッチやらパパ・ローチやらジ・アバランチスなどを蹴散らしてリモーをしっかりと電柱に繋いで駐輪。

第一部終了直後、ということで選ばれし者のみに用意された通路・踊り場型VIPルームでガタガタ震えていると、感動さめやらぬ観客たちが泣きながら会場から出てくる。
さすがプラチナ・チケット。セレブだらけである。定員二十名のショウなのに、それぞれが黒人の屈強なボディーガードを複数連れてきているためとってもスパイシー。

シカゴ倶楽部総裁、聡文三氏、アイデヤ氏といった『財界九州』常連諸氏とガタガタ震えながら歓談。株式市場や国際情勢の話や、今見てきたばかりのネタをバラされる。バラすなよ!

ヤットコ入店。葉巻を燻らせながら南区のセレブたちとマイミクの悪口を言っていると、今夜のディナーが登場。

【本日の料理】

里芋と南瓜のシーザーサラダ
帆立と甘海老のカルパッチョ
鶏もも肉のひとくちステーキ、二種類のソース シャリアピンソース&ベアルネーズソース
木の子たっぷりクリームシチュー
洋風豆ごはん
クリームチーズのディップスタイル

さすがセレブ御用達の名店・グルッパチ。高級カップ麺や高級ボンカレーで肥えたおれのベロも唸る美味さ。なにかに憑かれたかの如く喰い溜めする。

すっかり満腹丸に乗って白ワインをグチュグチュグチュグチュしていると、いよいよオークボTの登場。

okbt.jpg


至福の時間に言葉はいらない。下ネタ皆無の大人のAOR(アダルト・オークボT・ロック)に酔い、驚愕の前衛舞踏コントに失神、アンコールは浩司と健による「青春アミーゴ」で大団円。地元じゃ負け知らずである。

身も心もすっかりフヤフヤになってリモーを漕ぎ漕ぎペントハウスに帰宅。
こうして今年最後のイベントを終え、熱いシャワーの後、絹のガウンに着替え、オミヤゲの2006年オークボT特製カレンダーを片手に、お気に入りのスコッチを味わおうと思ったら、


げっ、灯油が切れとる!ハクチュン!

すし太郎の映画と花と小箱

しかし寒いわねぇ。
南国九州なんて嘘ッハチよ!でなけりゃ地軸がイガんでるのよッ!!

…ハァハァ。ストレスが溜まるとなぜかオカマ言葉になるアタシよ。そうよ、
おすしですッ!レンタル屋のAVコーナーにカップルで来る奴らは全員北へ送るわよッ!倦怠期の性生活に彩りを咥えようったってそうはイカないわよ!中途半端な単体モノなんかカリやがって…この偽善者!南区のパリサイ人どもめ!失業おし!

……まあ、ソレはいいとしてヒマなんで映画ばっかり観ちゃったぅおすしですッ!!!!

●「バス男」…うわさの「ナポレオン・ダイナマイト」よ。とにかく、主役の口の開きっぷりが見事だったわ。こんなユルユルでスベリ受けの映画がアメリカで作られるなんて、やっぱり世界恐慌はもうすぐなのね!でもこの映画、監督はジャレッド・ヘスっていう名前なんだけど、
たぶん森田芳光の偽名だと思うのね。ラッキィイイ~。

●「宇宙戦争」…職場の同僚が買ってきたDVDで観たんだけど、ああいうのって本当に買うヒトいるのねえ…。アタシなんだか、ふびんで、ふびんで…。
原作に忠実すぎて、オハナシはしょうもないけど、とにかく画で押し切るスピ公の心意気や良しよ!死体ジャブジャブの川や火ダルマ列車に、もおおすし、カンゲキ!
例によってダコタ・ファニングちゃんの超絶演技は素晴らしかったけど、はやく噂の『不思議の国のアリス』の撮影しなさいよ!
いそがないと、第二次性徴来ちゃうわよッ!

●「オールド・ボーイ」…いやあ、ヤットコ観たわよ。原作のイマイチ弱い部分を容赦なくキムチ色に染め上げた大傑作だったわよっ!だけど、○○が○○を○○○○しちゃうのはいくらなんでもやり過ぎよおおおっ!アギャ!舌噛んじゃった!!……フゥフゥ、例によって、女優がステキすぎるわ…韓国、いちどくらい連れて行きなさいよ!森川良哉の馬鹿!

●「ベルヴィル・ランデブー」…おフランス製のマンガ映画よ。最近はハリウッドに日和ったカスしか観てなかったから、正直油断してたわ。大傑作!なんともステキすぎる画がもお動く!動く!動く!ヒネくれたオハナシも音楽も最高!ジブリはもうこーゆーのを世界から配給する仕事だけでいいんじゃない?どおでもいいけど『ゲド戦記』は確実にコケると思うのね。

●「バットマン・ビギンズ」…いやあ、最近のクリスチャン・ベールは良いわねえ…。でもアンタちょっと太ったんじゃなーいー?しかしこの超絶にジミなヒーロー、小学生には受けなさそうねえ。中年には面白かったけど。個人的にはもうちょっとレトロなカンジでも良かったと思うけれども、そうすっとあのバケモノモービルが活躍しないわねえ…。評判悪いバケモノ車、アタシは好きだわあ!続編もタノシミねえ…。以上、おすしの映画のコーナーでした!男尊女卑!

dora.jpg


つ、疲れた…。
今週からクスリの量が増えました。

素敵な世界を愛してみる

仕事で地下鉄に乗る。

週末の午後、車内は空いている。

ガランとした車内に、ブレザーに赤いズボンの中年が乗り込む。

カン高い声で地下鉄のアナウンスを復唱しつづける。

女子高生の切り抜き写真がたくさん貼られた手帳をカバンからとり出しては復唱。手帳をまたカバンにしまい復唱。

「ザッネクストイ~ズ・マ・イダシ・キュ~ダイ・ビョインマエ」

終始チラチラとこちらを伺う視線。真っ赤な靴下が素敵である。

マクドで遅い休憩。

向かいの餓鬼は大声で携帯に向かってなにやら相手に説教している。

「だ・か・らあ!尿失禁がなんだってんだよ!尿失禁なんかより、夜中に起こされるコトのほうが問題なんだよ!」

自作らしき安全ピンだらけの服が素敵である。

隣の若夫婦の餓鬼が泣き叫んでいる。

奥さんはちょっとどうかという位のギャルなミニ姿である。

とても餓鬼一匹ひり出したとは思えぬ肢体である。素敵である。

旦那には顔がない。

食事を終え、ドアに向かうと若夫婦が餓鬼を抱きかかえるのにモタモタしているので、ドアを開けてやる。

会釈も無く無言で通り過ぎる幸せ一杯の家族に幸あれかし。

20051213012103.jpg

今月の破産

アカイプロフェッショナルエムアイが破産手続き開始

【民間信用調査会社の帝国データバンク横浜支店によると、音響機器製造のアカイプロフェッショナルエムアイ(横浜市都筑区北山田、駿河道生社長、従業員十七人)は七日までに、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。負債額は約十一億三千二百万円に上るとみられる。
 同社は一九九九年十二月、赤井電機(東京都)の電子楽器部門のブランドを買収した米国系企業が、製造・販売目的で設立した。
 「AKAI」ブランドの電子楽器、デジタル録音機、ドラムマシンを主力にエレキギターなども手掛け、欧米を中心に一部国内向けにも販売し、二〇〇一年三月期には約三十億円の売上高をあげていた。
 しかし、米中枢同時テロによる輸出減や新商品の開発の遅れなどで売り上げは減少に転じ、〇四年十二月期の売上高は約十億円にまで落ち込んでいた。
 親会社の支援や資本金の取り崩しに加え、リストラを敢行したが業況の回復を見込めず事業の継続を断念、東京地裁に自己破産を申請するに至った】

スラッシュドットジャパンさんで発見。MPC2000、憧れでした…。合掌。


350px-Akai_1.jpg

ブラック・ダリア

ついに「ブラック・ダリア」が映画化

ミクシィのエルロイ・コミュからのタレコミ。

…なんとデ・パルマが監督とな。あの特濃の闇をどう料理するのか。
激しく不安。


dahlias-.jpg

HOME

18年間軟禁 母親、家庭訪問にも「会わせたくない」


 【「ほとんど家から外に出たことがない」――。福岡市で6日に判明した18歳女性の異常な育成環境。義務教育を受けておらず、難しい読み書きや計算ができない。家庭で何があったのか。「家庭訪問など必要な措置は取ってきた」と市教委。しかし、事実上の軟禁状態は結果的に放置され、救いの手が差し伸べられないまま「18年間の空白」が生み出された。

 福岡市教委などによると、女性は父母と兄、姉の5人家族。義務教育は94年4月の小学校入学式からだったが、登校したことはなく、「不就学」の状態が続いていた。市教委は「月1回の頻度で学校の担任や校長、教委職員らが家庭訪問をしていた」という。両親あてに文書で通学を促すなどの措置も取った。

 しかし、家庭訪問に対して母親は「親族の家に行ってます」「会わせたくない」などと面会を拒み続けたという。応対したのは主に母親で、父親はめったに姿を見せなかった。安否確認のため、女性の写真を見せられたが、元となる写真がないので本人確認はできなかった。

 小学校では形式上の進級を続けたが、卒業はできなかった。このため、本来なら中学校を卒業する03年3月まで「原級留置」として小学6年生に在籍した後、除籍扱いになった。

 虐待を受けた子供の保護などをする福岡市こども総合相談センターが、女性の存在を知ったのは01年9月。学校側、市教委との3者で対応を協議し、「引き続き見守っていく」という判断をしたという。

 02年には女性の小学校の除籍処分を決めるため、再び3者で協議したが、虐待の情報などがなかったことを理由に、児童福祉法に基づく「見守り支援」の対象にせず、その後も女性が保護されるまで家庭訪問などは一切しなかった。

 市教委指導第2部の木村俊明部長は「必要な措置は取ってきたつもりだ。結果的にこうした事態になり、大変残念だ」。同センターの藤林武史所長は「何か情報があれば、という待ちの姿勢だった。女性に誰も面会したことがなかったのを重視して、虐待などの状況を想定した上で積極的に対処すべきだった」と釈明している。

 女性が保護された後は、健康状態をチェックしたり、両親に事情を聴いたりしているという。

 母親による日常的な傷害行為はなく、食事を与えるなどの世話もしていたことなどから、博多署は刑法の保護責任者遺棄罪などの適用を見送った。母親は女性に漢字ドリルを与えて自宅で教えるなどしており、「早いうちに学校や病院に相談しておけばよかった」と反省する様子を見せている。

 また、市教委によると現在、ほかに入学後に一度も通学したことのない児童・生徒はいない】

聡文三氏の日記より発見。やれんなあ…。

その、理由が。



V6010458s-.jpg

今月の苦しすぎる言い訳

映画でロリコンに目覚めた!?

【英国】3~14歳の子どものポルノ写真をコレクションしていて逮捕された54歳の男は、自分がロリコンになったのは80年に公開された米映画『青い珊瑚礁』のせいだと主張している。

映画では当時16歳のブルック・シールズが、南の島でいとこに恋する13歳の少女を演じている。

男が所有していた写真は、映画と同じビーチで遊ぶ半裸の子どもたちの写真や自宅のスタジオで撮影したロリ写真が大半。中には子ども同士にHさせているといったショッキングなものもあった。

〔2005/11/26付け サンケイスポーツ紙面から〕

この男、公開当時は29歳なわけだ。ばかめ!おれだって卒業したぞ!最近!

brooke-42.jpg

プロフィール

DEADCHAN

Author:DEADCHAN
媚び&ペースティスト

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク